どこのレストランで働くか

日本には全国に様々な飲食店というものが存在しています。その一つであるのがレストランです。もちろん、このレストランというのもかなり幅の広いくくりであり、色々な料理を手頃な価格で提供するファミリーレストランや、ステーキを中心に提供するステーキレストラン、イタリアンやフレンチを出すイタリアンレストラン・フレンチレストランなど、種類は様々です。
ただ、こうしたレストランのある背景には共通点があります。やはりお客さんの多く入ってくれることが見込める場所に多く集まっているということです。では、客が多く入る場所といえばどんな場所かといえば、やっぱり人口が多く集まっている場所だと言えるでしょう。
ここでは、特に栃木県におけるレストランについて見ていきたいと思います。栃木県は東北地方においては比較的人口が多い傾向にあります。中でも最も人口がおおいのは宇都宮市です。宇都宮市は人口50万人前後と県内で第二位の小山市に35万人程差を開けてダントツです。

観光客も重要なファクター

当然、レストランの数という意味でも宇都宮市がダントツとなります。さらにこの宇都宮市はここ十年ぐらいの間で非常に流行しているB級グルメによる町おこしが盛んに行われている場所でもあります。そのため、県内だけではなく、県外からもB級グルメを求めてくる観光客がおり、こうした人達を対象にしたレストランというのも少なくありません。
当然、ある意味では流行りものですから、この状況がこのまま十年二十年と続いていくとは限りません。それでも、おそらく宇都宮が栃木で最も栄えている町であることは変らないでしょうから、レストランへの就職を考えるなら宇都宮市をまず考えるのが良いでしょう。
この他では、日光市などが特殊な場所となります。日光も日光東照宮などの観光資源のために多くの観光客があつまる場所であり、こうした人達をターゲットとしたレストランの展開が期待できます。

Copyright(C) 栃木のレストランに勤める All Rights Reserved.